アフィリエイトで成果が上がらず疲れてしまったアンタを救いましょう。物販アフィリエイトの考え方とやり方を具体的に教えます。

5.バックリンク

 

一時はペンギンさんで大騒ぎしたけどさ。

結局、あたしんトコの生徒さんにはほとんど影響がなかったね。

 

一時的には下がったサイトもあったようだけど、今はすっかり元に戻っている。

 

ところで、あたしだけれども。

 

むか~しのサイトはやられたよ。

もう2年以上も前に作ったサイトたち。

 

自作自演のバックリンクこそ無料ブログ自体がもうすでに根こそぎインデックス削除されているので、おそらくそっちの影響はないんだろうけれどもね。

ただ、クロスリンクだらけになっているのがマズイみたい。

 

まあ、稼ぎの比率からいうとたいしてウェイトを占めているわけじゃないからね。

別にどうでもいいや、って感じ。

 

ところでね。

ちょうどいい機会だから、改めてアフィリエイトサイトへのバックリンクについて冷静に考えてみたんだよ。

 

そもそもバックリンクってさ。

他人のサイトの記事を引用したり、素晴らしいとか独創的だとか、面白いコンテンツだから読者に紹介したい、という意図があって行われるもんだよね。

 

そう考えると、アフィリエイトサイトとは到底縁のない別世界の話だと思う。

あたしは長いことアフィリやってるけど、商品を売るつもりで書いてある記事を他人に紹介したくなったことは未だかつてない。

 

だいたいアフィリサイトって他人のコンテンツを寄せ集めてリライトした記事だったり、本や雑誌で仕入れた薄っぺらい情報しかないからね。

確かにジャーナリストや職業ライターだって全ての専門家じゃないわけだから他人の文献は参考にしているだろうけどね。

それにしても、素人じゃ到底調べらないレベルの記事じゃないと食っていけないだろうからアフィリエイターのそれとは比較にはならないよね。

 

仮に純粋にリンクしてもらえるとしたら、そんな記事だったり専門家の記事くらいしか想像できないんだよ。

あ、あと「はてな」にいるマニアックな連中とかね(笑)

 

それ以外は全部ブラックだなぁ。

企業同士の相互リンク募集だって単にSEO対策目的だしね。

じゃなかったら、誰が他社の紹介なんかするんだよ、って話。

 

まあ、今のペンギン君は一見すると自演っぽくないのは泳がせているみたいだけどね。

やがて近いうちに商売がらみのリンクは全てブラック判定される時がやって来ると思う。

 

ただし、仮に通販サイトが過剰SEOをやってたとしても検索結果から全て消してしまうと検索者が困るんだよね。

なので、どう考えても真っ先に標的にされるのはアフィリサイト。

 

そもそも検索エンジンにとって必要ないサイトだもの。

基本的にはそういうこと。

 

ただし、お客さんが商品を決定する際、その選択のお手伝いになる有益なアフィリサイトなら話は別だよ。

それをどうやってグーグルに教えるか。

 

まあ、手っ取り早く考えられるとしたら、

「直帰率を下げる」

「滞在時間を延ばす」

「平均ページビューを増やす」

そんな感じかなぁ。

 

そのために出来る施策は?

長くなるからメルマガで教えるわ(笑)

 

 

エジキになりたい人は

読者の心得を読んでからね
エジキの会メルマガ登録

名字

powered byメール配信CGI acmailer

チャットde家庭教師

チャットde家庭教師

初心者に優しいASP

アフィリエイトするならアフィリエイトB

まどかお勧めの商品

オートビズ バナープラス ゆず丸カバーG

運営中のブログ2個

アンタ、アフィリなんてやめなさい

ネットde家庭教師 フォローブログ